結婚式当日はゆっくりできないから…前撮りを依頼!真夏の撮影に挑む!

こんにちは!cuicui編集部のエナです。

今回は、結婚式の前撮りをされた方の体験談です。

Personal Date

20代・女性
撮影場所:鹿児島県
撮影時期:8月
撮影の目的:結婚式前撮り
データお渡しまで:1ヶ月くらい

こちらの方は、最初は式当日の撮影だけを依頼するつもりだったそうです。

  • 依頼のきっかけ
  • 撮影への不安
  • 当日の様子
  • 金額をふくめた満足度
  • これから撮影したい方へのアドバイス

以上について伺っています。

前撮りしようかどうか迷うな…

こんな風に考えている方の参考になる内容です。

それではいってみましょ~!

撮影依頼のきっかけは?

cuicui
結婚式の前撮りをしようと思われたきっかけはなんですか?
20代女性
実は、最初はとくに前撮りをする予定もなく、式の当日だけフォトグラファーの方にお願いするつもりで打ち合わせをしたんです。

ですが、当日は時間がないからゆっくり撮ることができないと教えてもらい、今しか残せない写真を残してもらおうと思いました。

確かに、式当日は慌ただしくきちんと「撮影する」時間は取りづらいようです。この理由から、前撮り・後撮りをしようという方が多いんですね。

cuicui
どのように依頼されましたか?
20代女性
式をあげる結婚式場の提携フォトグラファーへお願いしました。

友人・知人の紹介や、ネット・SNS検索とともに多いのが、挙式予定の式場提携のフォトグラファーへの依頼。

式場の方であれば式場スタッフとの連携もスムーズだったり、構造を熟知しているのでどう構えればどんな写真が撮れるのかというのもしっかり把握されています。

また挙式プランとの割引がある場合も(ただし逆もあるそう…)あるので、式の相談と一緒にまとめる方が多いようですね。

cuicui
撮影はどのように準備しましたか?
20代女性
これも結婚式場の提携先の衣装屋さんでレンタルできました。ドレスなどは試着をさせてもらった上で借りましたよ。

ドレスの試着は必須!とのことです。

着てみたら意外と…ということはあり得るので、合わせた上でレンタルを決めたほうがよさそうですね。

▼ウエディング撮影でおすすめのアイテムはこちら

撮影にあたり不安は?

cuicui
撮影に対して不安はありましたか?
20代女性
外での撮影も予定していたので、お天気が心配でしたね。

お天気が心配な場合は、「雨の場合の撮影をどうするのか」をしっかり「打ち合わせしておく」ことが大切です。なにも決めないまま当日を迎えるのは不安だと思います。

そうした場合は、まずフォトグラファーの方へ相談してみるのがおすすめですよ。

当日の感想は?

cuicui
撮影はいかがでしたか?
20代女性
心配していたお天気は、くもり。
だけど、くもりのほうが光の反射がなくてよい写真が撮れると聞き、安心しました。
わたしも夫も、普段から写真を撮られることもないので、最初から最後まで笑顔が大変でした。笑

ところどころ、苦笑いになってしまっていた気がします。

また、8月の暑いなかでの撮影だったとのことで、汗が衣装にたくさんついてしまわないか…と心配になったそう。

20代女性
撮影自体は、はじまってしまえば思ったより、思っていたより早く終わりました。撮ってもらっているうちに、気づいたら楽しくなっていて、あっという間に感じました。
cuicui
撮影で困ったことはなんでしたか?
20代女性
最初は苦笑いばかりになってしまったことです。
だんだん慣れてきましたけどね。

「撮影前までは不安だったけど、はじまったら楽しかった」という感想が、実はとても多いんですよ。

しっかり撮影の理想の仕上がりについて打ち合わせができていれば、あとはフォトグラファーの方にお任せしても大丈夫^^
安心して撮影を迎えればよいとのことでした。

▼夏の前撮りのメリット・デメリットについてはこちら

金額の満足感は?

cuicui
撮影はおいくらでしたか?
20代女性
22万円前後だったと思います。
cuicui
金額をふくめた満足度はいかがですか?
20代女性
はい、普通に。
とくに、他の会社のフォトグラファーと比較せずに手配してもらって、撮影の話しを進めたので妥当かなと思ってます。

前撮りをしていた知人に聞いても同じような金額でしたし、納得しました。

結婚式の前撮りは高額になる傾向がありますが、周りと比べても「これくらいかな」と納得されたそうです。

こちらの方は、もし機会があればまたプロのフォトグラファーに依頼したいと回答してくれました。

20代女性
最初のうちは本当に表情が硬くて、苦笑いばかりになっていました。
フォトグラファーの方が声をかけて笑わせてくださったり、よいタイミングでシャッターを切ってくれたりしました。

また、すこしの変化にも気づいて、声かけをしてくれたのでありがたかったですね。

撮影中のフォトグラファーの方の気遣いがとありがたかったとのことです。写真の仕上がりもそうですが、こうした「気遣いがうれしかった」という感想が多いのが印象的。

写真の技術だけではなく、こうした「人間的な相性」もフォトグラファーへ依頼する条件として大切な部分なのかもしれませんね。

これから撮影する方へのアドバイス

cuicui
これから撮影する方へのアドバイスをお願いします。
20代女性
写真に残したい、撮りたいポージングやイメージがあれば画像を最初に用意したほうがよいと思います。

わたしたちは当日、フォトグラファーの方に「ほかに撮りたいイメージはありますか?」と聞いていただいたのに、アイデアもなにも出ませんでした。お任せでもいいですが、すこしでも参考写真は見ていたほうがいいですよ。

撮影自体する機会がないので、なかなかイメージが湧きづらいと思います。

「撮りたいイメージ」は、とにかく撮影例をたくさん見ることで、固まってくるものです。

  • 好きな写真の雰囲気
  • こういうポーズで自分たちも撮りたい
  • 逆にあまり好きではない写真の雰囲気、ポーズ

これらの写真をストックしておいて、可能なら共有しておきましょう。最低でもこの3点を抑えていれば、フォトグラファーとの相談もスムーズにすすむと思いますよ。

まとめ

いかがでしたか?

  • 式当日は写真を撮るタイミングがないと聞いたので前撮りをすることに
  • 屋外での撮影も予定していたので天気が心配だった
  • 当日はくもり。くもりのほうがいい写真が撮れるよと言って貰えたので安心した
  • 苦笑いではじまったけど、撮影が進むにつれて楽しくなった
  • 撮りたいポーズ・イメージは用意して、共有しておくのがおすすめ

まとめるとこんな感じ!

以上参考になればうれしいです。それではー!

おすすめ記事
おすすめの記事