カメラマンの選び方・探し方【出張撮影を依頼しよう】

結婚式の前撮りや、七五三参りなどさまざまなシーンで利用されている出張撮影。

どうやってフォトグラファーへ依頼しているのかな?

と思われたことはありませんか?

今回はそんな方にむけて、出張撮影のフォトグラファーの探し方をご紹介します。

  1. 友人・知人への依頼
  2. ネットで検索
  3. 撮影ジャンルの雑誌
  4. SNSで検索
  5. 出張撮影マッチングサービスで検索

全部で5つの方法について、メリットなどもふくめてお話ししていきます。

出張撮影を依頼したいけれど、どんな風に探したらいいのかわからないな~

という方への参考になる内容となっています。

ぜひ最後までご覧ください~!

フォトグラファーへ依頼する際の5つの注意点【保存版】

カメラマンの選び方のポイント

まず、探し方の前に、フォトグラファーの選び方のポイントについて紹介します。

まずは、撮りたいジャンルの撮影経験が豊富かどうかをチェックしてみてください。

ウエディングの撮影であれば、結婚式や前撮りの撮影経験が豊富なフォトグラファーへ。子どもとの撮影であれば、キッズフォトやファミリーフォトの撮影経験が豊富な…、のようになります。

なぜなら、撮影経験が豊富であれば、撮影内容の提案力が高くトラブル・アクシデントへの対応力も高い方が多いからです。

とくに子どもとの撮影は時間通りに進まないことが多いです。緊張や人見知りなどでうまく笑えなかったり、お腹が空いたり、眠くてグズッてしまって撮影を中断することも。

でも、そんな状況も撮影経験が豊富なフォトグラファーであれば想定の範囲内です。

子どもはもちろん、パパやママが焦らないように対応してくれるでしょう。

あとは、人間としての相性のよさも押さえておきたいポイントのひとつ。

いくら写真の技術が高くても、撮影について質問したり、相談したりしづらければ、それだけで満足度が下がってしまいます。

人はそれぞれ、コミュニケーションの心地よいと感じる距離が違います。

できるだけ負担なくやりとりができる方を選ぶと、撮影の満足度が上がります。問い合わせの段階から、しっかり見極めてみてください。

こうした選び方をふまえて、フォトグラファーの探し方を見ていきましょう。

【探し方1】友人・知人の紹介

実は出張撮影の探し方で一番多いのが、友人・知人からの紹介なんですよ。

たとえば、結婚式の撮影がしたいのであれば、直近で結婚式を挙げて撮影をしている友人知人に連絡をして写真を見せてもらってください。

お宮参りや七五三参りも同じで、SNSにアップされている方も多いので見つけやすいと思います。

とくに前撮りの写真は、結婚式当日に使用するものは厳選されたショットのはずなので、どんな写真を撮っているのか、くわしく見せてもらうのがおすすめです。

友人・知人に紹介してもらうメリット

友人知人に紹介してもらうメリットとしては、こちらの3つが依頼前に分かることです。

  • どんな写真を撮ってもらったのか
  • どんな打ち合わせをしたのか
  • どんな人柄のフォトグラファーなのか

これはとても大きなメリットで、フォトグラファーを探すにあたって重要な部分です。

「どんな写真を撮ってもらったのか」の部分については、写真の雰囲気が好きかどうかでまずしっかり見てみてください。

あなたが好きな雰囲気の写真がたくさんあるなら、満足度の高い撮影になる可能性が高いです。フォトグラファーの方を紹介してもらえないか相談してみましょう。

依頼したいと思ったら、「どんな打ち合わせをしたのか」差支えのない範囲で聞いてみましょう。

事前に打ち合わせ内容がおおまかにでも分かれば、準備するのも簡単です。

そのときに、「撮影で後悔したことはないか」もこっそり聞いておきましょう。ご友人たちの経験をふまえて撮影に望めるので安心感が違うと思います^^

どんな人?とさりげなく聞いておこう

また、「どんなお人柄のフォトグラファーだったのか」も聞いておきましょう。

撮影ではコミュニケーションが心地よくできるかというポイントも大切になってきます。

たとえば、質問がしづらかったり、提案がしづらい雰囲気だと楽しいはずの撮影も後悔が残るものになってしまうかもしれません。そのあたりもしっかり確認しておきましょう。
ただし、ご友人と気が合う方でも、自分たちと気が合う方とは限りませんので、それを念頭に置いていてくださいね。

メリットはたくさんありますが、デメリットはひとつだけ。

「友人と写真の雰囲気がかぶってしまう可能性がある」こと。

これはフォトグラファー側も配慮してくれると思いますが、こちらもロケーションだったり、撮影小物が同じようなものにならないよう注意が必要かもしれません。

自分が撮ってもらいたいと思っているジャンルの撮影を、ご友人や知人がされていないか SNS などで一度チェックしてみてくださいね。

結婚式にまつわる撮影なら、結婚式場の紹介もアリ

結婚式の前撮り・後撮りであれば結婚式場で紹介してもらうのもアリです。

挙式とあわせたプランがある場合もありますし、一度プランナーに相談してみてもいいと思います。

式場提携のフォトグラファーなら、結婚式が得意分野であり、その式場で撮り慣れているというメリットがあります。

デメリットをあげるとすれば、相場よりもお高めになる場合があること。式場にお任せしている料金だと納得されている方も多いので、予算と相談されてくださいね。

【探し方2】ネットで検索

次に多いのがインターネットで検索をするという方法です。

例えば「ファミリーフォト 撮影 ●●(地名)」のように検索をして表示されたフォトグラファーのホームページなどを確認して行くと言う流れです。

ホームページにはたいていの場合、「ポートフォリオ」としてフォトグラファーが今までに撮影した作品集が掲載してあります。

ポートフォリオには、とくにその方が得意なジャンルが掲載されています。あなたが撮影をお願いしたいジャンルがあるかどうか、チェックしてください。

もし掲載されていなくても、掲載許可が降りていないが撮影している場合もあるので、写真の雰囲気が好きだと感じたら一度問合せて相談してみてもいいと思いますよ。

理想のフォトグラファーに出会うまで地道に検索していかないといけないので、この方法はちょっと大変かもしれませんね。

検索例
  • 七五三 撮影 ●●(地名)
  • お宮参り 撮影 ●●(地名)
  • 結婚式 撮影 ●●(地名)
  • 前撮り ●●(地名)
  • ニューボーンフォト 出張撮影 ●●(地名)

【探し方3】撮影ジャンルの雑誌

例えば結婚式の撮影であればブライダル系の雑誌にフォトグラファーを紹介していることがあります。

卒花さんの口コミも掲載されている場合もあり実体験から参考になるうえ、クーポン券つきであることも多いので、意外と利用されている方が多いんですよ。

また、ローカルで発行されている雑誌やチラシ、新聞などに掲載されている場合もあります。(七五三前撮り割引実施中!など)
デジタルな昨今、ローカル紙は意外と見落としがちだと思うので、一度見てみてくださいね。

【探し方4】SNSで検索

インスタグラムなどのSNSを通じて検索するという方も多くなってきています。

たとえば「ニューボーンフォト●●(エリア)」などで検索すると、フォトグラファーのポストがヒットします。

SNSで検索するメリットは、フォトグラファーの作品とともに、投稿の雰囲気からある程度のお人柄も見えてくること。コメント欄でのやりとりなども見てみると、さらに掴めるかもしれませんね。

デメリットは、個人での交渉になるのでやりとり、手配自体が大変であること。

どこかのサービス・会社に仲介してもらわない分、すべて自分たちで段取りをして手配をしなければなりません。

【探し方5】出張撮影マッチングサービスで検索

出張撮影マッチングサービスで依頼するのもおすすめです。

対応エリアであれば、どれくらいのフォトグラファーがいるのかすぐに検索できますし、金額も記載されているので比較検討がしやすいんですよ。

また、サービス提供をしている会社がルールを決めて運営しているため、安心できるというメリットもあります。

くわしくはこちらで紹介していますので、のぞいてみてくださいね。

おすすめ出張撮影マッチングサービス11選

フォトグラファーの探し方まとめ

いかがでしたか?

撮影が日常的になり、フォトグラファーへ依頼したいという方も増えていますよね。

でも個人で依頼すると、撮影料金や出張費、ヘアメイクや衣装の手配など、大変な面もあります。

事前リサーチをしっかりして、後悔のない撮影にしてくださいね。

以上、参考になればうれしいです。それではー!

おすすめ記事
おすすめの記事