【結婚式】前撮り・後撮りのメリット5選

あなたは結婚式の前後にも楽しむべきイベントがあるのをご存じですか?

そのイベントとは、結婚式の前撮りと後撮りです!

結婚式の当日とは別にフォトグラファーに依頼をして、前撮り・後撮りをして楽しむカップルがとっても多いのですよ。

今回は、結婚式の前撮りと後撮りのメリットについて紹介します。

これから結婚式を控えている方や、前撮り・後撮りを検討している方の参考になる内容となっています。

結婚式だけでいいよ~という方も、この記事を見たら

ちょっと撮ってみたいかも

と思うかもしれません。

それではいってみましょう!

みんなのウエディングフォト事情【値段/相場】を大公開!

メリット1:思い出を残すことに集中できる

結婚式当日のメインは結婚式・披露宴になるので、当然ながら写真はフォトグラファーに任せっきりになります。写真は合間に確認できるかどうか…という感じ。

どうしても式に集中することになるため、撮影の希望を伝えられないことがほとんどです。

一方、前撮り・後撮りの場合は「写真を撮影する」ことが目的。

なので、ふたりの思い出を残すことに集中できます。これが、前撮り・後撮りが人気であることの理由のひとつです。

撮影中から、どのような写真になったのか、イメージはこうだからもっとこんな風に撮ってほしい、などの相談も可能です。

メリット2:結婚式で着ない衣装も楽しめる

前撮り・後撮りを検討する方で多いのが、この理由です。日本では「式でドレスしか着ないので、和装でも撮影したい」として、前撮り・後撮りをする方が多いのです。

また、結婚式でのお色直しの回数を抑えめにするカップルも多く(時間的にも予算的にも)、式とは違うタイプのドレスが着たいという希望を叶えられます。

人生に何度もない結婚式、色々な衣装を着たいですよね。

前撮り・後撮りは、お姫さま気分を味わいたい乙女心を叶えてくれるのです^^

【白無垢と色打掛】どっちがいい?違いや選び方を解説

メリット3:式場以外のロケーションで撮影ができる

フォトスタジオ、海辺や公園など希望のシチュエーションで撮影できるのも、前撮り・後撮りのメリットです。海外では崖にぶら下がって撮影に挑むカップルもいるのだとか(すごいですね!笑)

桜や紅葉をバックにするなどの季節に合わせたロケ地も人気ですが、ふたりの思い出の場所で撮影する方も多く、撮影許可さえ降りればさまざまなロケーションで写真が撮れます。

こだわった内容にできるため、ロケーションフォトを希望される方も多いのです。

出張撮影と撮影許可について知らないとヤバいこと

メリット4:ウエディングアイテムとして使用できる

これは前撮りの場合ですが、撮影した写真をウエディングアイテムとして使用できます。浮受付に飾ったり、ウェルカムボードにしたりするのが人気。

逆にウエディングアイテムとして使いたいから、前撮りをするという方もいるほど。

あらかじめ、ウエディングアイテムとして使用することを前提として、撮影構図を考えてもらう方も多いのです。

【和装】結婚式の前撮りおすすめアイテム8選

【洋装】結婚式の前撮りおすすめアイテム

メリット5:結婚式でできなかったことができる【後撮り】

こちらは後撮りの場合。結婚式でできなかったことを後撮りでやりたいというリベンジ希望からオーダーされる方が多いのだそう。

結婚式を終えての撮影になるので、より希望のシチュエーションや撮影のイメージが明確になるというメリットがあります。

また、結婚式で使ったアイテムや、撮影した写真を使うこともできるので、前撮りとは違った楽しみができそうですね。

前撮り・後撮りも含めて、最高の結婚式を

今回は、前撮り・後撮りのメリットを紹介しましたが、いかがでしたか?

別途、費用はかかりますが、人生に何度もない晴れ舞台。

最高の結婚式を思い出に残したいですよね。

前撮りをすれば結婚式への期待感が増しますし、後撮りをすれば結婚式の余韻を味わえます。撮影された方の満足度が高く、なにより、撮影前からとびっきりのイベント感にワクワクしますよね!^^

これから前撮り・後撮りを検討する方の参考になれば嬉しいです。

おすすめ記事
おすすめの記事