マタニティフォトを飾る衣装・小物紹介|選び方のポイントについて解説

「おなかに赤ちゃんがいる姿を記念に残したい!」というママたちの想いから人気が高くなってきているマタニティフォト

「妊娠期」の姿は本当に貴重です。

そんな妊婦さんをきれいに撮影するためには、衣装や小物選びがポイントになってきます。

おなかの大きさがわかりやすいような衣装や、華やかさと優しさを演出してくれる小物ななどなど・・・衣装選びと小物選びのアイデアをご紹介していきます。

こちらの記事を参考にして頂ければ、写真館やスタジオに頼まないセルフ撮影でも素敵な写真を残すことができますよ。

マタニティフォトの衣装選びポイント

衣装選びのポイントは、とにかく大きなおなかが強調されるデザインであること!

マタニティフォトと言えば、大きなおなかが強調されるように、セパレートタイプの衣装を思い浮かべる方も多いでしょう。

確かにチューブトップやビスチェなど露出の高い衣装は、肩やデコルテラインも強調し、女性らしい美しいスタイルに見せてくれる効果があります。

でも妊娠期のママの身体は大きな変化があるので、隠したい部分もありますよね。

おなかに出来た妊娠線や、出っ張ってしまったおへそ、ホルモンバランスの変化により、産毛が濃くなってしまった(永久脱毛したのに!笑)・・・などのお悩みがありますよね。

そんなお悩みも衣装で上手に使えばカバーすることができます。諦めずにおすすめの衣装から選んで撮影にチャレンジしてみてくださいね!

チューブトップ

まずは定番のチュートップスタイルです。

大きくなったおなかを強調させるにはこのタイプがおすすめです。

チューブトップにロングスカートの組み合わせ鉄板ですね。ロングスカートはそれだけで優しい雰囲気を作り出してくれます。

ウエストはゴムの物を選び、おなかの下のラインに合わせることで大きなおなかを強調することが出来ますよ。

肩のラインや二の腕は隠したい…というのであれば、チューブトップの上にシャツを着て、裾をおなかの上の位置で結んでしまえば肩や二の腕はカバーできます。

Tシャツの裾をおなかの上あたりで短く切ってしまうという方法もありますよ。

もしくはボレロ風な衣装を選んでもかわいいと思います。

妊娠線が気になる場合には、おなかにボディーペインティングをしてしまうのも一つの方法ですよ。

カジュアルスタイル

飾らない普段通りの姿で撮影を行いたいというママにおすすめのカジュアルスタイル。着飾ることなく、普段通りの服装をすることで、自然な表情を撮影することができますよ。

きれいに着飾っていつもと違う恰好をすると、表情もいつもと違うものになると思います。

たとえばカジュアルスタイルだと、夫婦でお揃いコーデを楽しめたりもできます。

また、上の子がいる場合には、お子さんもお揃いにしやすいのですね。普段からデニムスタイルが多い場合は、夫婦そろって白シャツにジーンズというのも素敵です。

白はさわやかな印象を与えてくれ、ママのお肌もきれいに見せてくれる効果があるのでおすすめです。

ドレススタイル

マタニティドレスは特別感があって、妊婦さんの神秘的な雰囲気を演出してくれますね。

レースを使ったデザインの物や、柔らかい素材を使ったものを選ぶと、優しい雰囲気を出すことが出来ます。

マタニティドレスはゆったりとしたデザインの物が多いので、体形をカバーしたい場合でも問題ありません。

ただし、ゆったりデザインだとおなかの大きさが目立たなくなってしまうので、おなかの上あたりをリボンで結び、おなかの下を両手で支えるように手を添えるなどしておなかの大きさがわかりやすいようにしてくださいね。

マタニティヌード

以前は芸能人が多かったマタニティヌードですが、最近では一般女性の中でも広がりを見せています。

ブログやSNSなどにアップしている人も多いですよね。「妊娠期」の女性しか得ることが出来ない神秘的な姿。綺麗に撮れたら、シェアしたくなりますよね。

ですが、撮影後の写真をSNSなど不特定多数の人に見られる場所への投稿には注意が必要です。

撮影した本人は「いい写真!」と思うのは当然ですが、両親や親せきなどの身内にとっては「他人には見られたくない…」「恥ずかしい…」と感じることがあるかもしれません。

また中には性的な観点で見てしまう人もいるという事を忘れてはいけません。

一度アップしてしまった写真を削除しても、どこかの誰かが保存していればどんどんと広がってしまいます。

撮影した写真の使い方には十分注意してくださいね。

「ヌード」という言葉に躊躇してしまう方もいるかもしれませんが、ヌードと言ってもフルヌードである必要はありません。
先ほど紹介したロングスカートだったり、レースなどの透け感のあるロングカーディガンを羽織って、セミヌードのようにして撮影するのもおすすめですよ。

写真の取り扱いにのみ十分注意して、撮影を楽しんでくださいね!

マタニティフォトの小物選びポイント

ちょっとした小物を加えるだけで、写真の雰囲気にも変化が現れます。

手作りするのも良いですし、100均には結構使えそうなものが揃っていますよ。

おすすめしたい小物をご紹介していきます。

サッシュベルト

おなかを出した衣装の時に用意したいのが「マタニティサッシュベルト」です。

「マタニティサッシュベルト」は写真に華やかさをプラスするだけでなく、産まれてくる赤ちゃんに幸せが訪れるようにという「幸せのおまじない」でもあるんです。

最近ではマタニティサッシュベルトを手作りするママも増えているようですよ。

作り方はとっても簡単です。

おなかに結べる長さのリボンに造花やレースなどを付けていくだけです。

フラワーアレンジメント感覚で作ってみてください。

造花には針金が使われていることが多いので、その部分が肌に直接当たらないように裏地を付けるなどして対応してください。

このマタニティサッシュベルトは、赤ちゃんが産まれた後の「ニューボーンフォト」にも使えます。赤ちゃんのおなかにふんわりと巻いて、ママのおなかにのせてマタニティフォトと同じ構図で撮るのがおすすめです。

エコー写真

病院で診察時に貰えるエコー写真。

1枚だけでもいいですが、妊娠初期からのものをガーランドのようにつなげて一緒に撮影するのもいいですよ。

おなかの中の赤ちゃんの姿と、ママの大きなおなかがリンクして、素敵な写真になりますよ。

糸電話

これは不器用なママでも簡単に手作りできますね。

糸電話でママのおなかとパパを繋いで、パパと赤ちゃんがお話しているような姿はとっても微笑ましいですね。

糸の部分に、「HELLO BABY」とか「〇週目」などのメッセージをガーランド風に付けるのもおしゃれですね。

ベリーペイント

ここ最近話題になってきている「ベリーペイント」

「ベリー」とは英語で「おなか」という意味で、妊婦さんのおなかに絵をかくことです。

海外では安産のおまじないとして浸透しています。おなかの妊娠線が気になる人におすすめで、家族の赤ちゃんに対する想いを絵にする方が多いようですよ。

ベリーペイントをするには絵画用ではなく、ボディペイント用の絵の具が必要なんですが、100均で売っている「ミらくるペイント」というチューブタイプの絵の具で代用できるんですよ。

ハロウィンなどのフェイスペイント用に売られているんですが、皮膚科医との共同開発製品なので、デリケートな妊婦さんの肌にも安心して使うことができます。
ただし、どんなものでも合う合わないがあるので、パッチテストなどをきちんとしてから使ってくださいね。

撮影日の日付や「〇週」などと妊娠周期を書いておくのもいいと思います。

終わった後はこするだけで落とせるので楽ちんです。上の子がいる場合には、お絵描き感覚で書いてもらうのも楽しいかもしれませんね。

ベビー服・ベビーシューズ

産まれてきたら着せてあげるために購入したベビー服や、ベビードレスなどをおなかにのせて撮影します。

出産後にはその服を着せて、写真を撮ると日も楽しみの一つになりますね。ママの片手のおさまってしまうくらいの小さなベビーシューズも可愛いですね。

「産まれてくるのを楽しみに待っているよ!」という気持ちがとても伝わる、素敵な一枚になると思います。

まとめ

マタニティフォトはママにとっても、産まれてくる赤ちゃんにとっても、誕生を待ちわびている家族にとっても素敵な記念になるものです。

おなかの中に赤ちゃんがいる「今」でしか撮ることのできない姿を写真に残しておきましょう。

将来子どもが大きくなった時に見せてあげると「こんなに大事にされていたんだな」ときっと喜んでくれるはずです。

マタニティフォトは、妊娠期を頑張って乗り越えたママへのご褒美にもなるはずです。ぜひチャレンジしてみてくださいね!

おすすめ記事
おすすめの記事